映像作品の感想

Wiiの間、とんでも!サイエンス*7

卓球の選手は、相手の肩や体の開き具合を見て、相手のボールに反応しているンだと。 対戦相手の体の動きを一方的に見えなくされた*1大人の日本チャンピオンが、小学生のチャンピオンに歯が立たなくなっていた。 大人が子供に歯が立たなくなる実験は真っ当と…

TNG SEASON 6:PART 1

5.2を観終わったのが6/24、その後割りと早い時期に6.1のパッケージを紐解いた筈だが、この3枚を観終わったのは日曜。 2ヶ月弱掛かっているのは、正直前半1.5枚に収録されたエピソードがイマイチだったから。 DISC 1の4話とDISC 2の前半2話は、お話は…

ディケイド映画、映画連動編

はちゃめちゃ、お祭り騒ぎ、スプラスティック。だが、そこがイイ! 妻は不満だったような感想だが、何も深く考えずに観て楽しめる映画だと思う。 シリアスなお話も勿論好きだが、平成ライダーの映画は、力が入り・張りつめ過ぎていたようにも思う。(電王、…

スター・トレック ジェネレーションズ

TSUTAYAに注文していたDVDが店舗に届いた*1旨のメールを確認し、取りに行く。 カーク船長とピカードの競演編。カークが死ぬ…程度には予備知識ありの状態で観たが、仲々に面白かった。 この間の映画よりも一般受けは弱いけれどトレッキー受けは強いと思われ、…

TNG SEASON 5の本編を観終えた

5.2の特典映像は未だ。 シーズン5は、全体に面白いエピソードが多かった。これまで観たスター・トレック中でも、屈指の7枚と思う。 個々のエピソードについても、感想…とまで行かないが後で記事にしたい。*1 *1:本当にするかどうかは不明

TOSで確認

先日映画で気になったので、最初のTVシリーズのDVDを確認(但し昨夜のこと)。 スポックのお父さんが登場する「惑星オリオンの侵略」では、右手で挨拶をしていた。 上のエピソードを観ても釈然とせず、シーズン2の第1話「バルカン星人の秘密」も観た。スポッ…

続編を作りづらそうなお話だ

スター・トレックの映画を観てきた。 スター・トレックの映画は、毎回それほど面白くもないのだが、今回は普通に面白かった。 迫力があって普通の特撮映画として面白かった訳だが、スター・トレックとして面白かったかと言うと微妙。 だがスター・トレックとし…

TNG、SEASON 4の後半のパッケージへ

ウェスリーがいなくなった。オブライエンが結婚した。 今年の目標の1つが、おおよそ折り返し地点と言える。 お風呂の前に観た「空白の1日」は面白かった。寝る前にもう1本観よう。

TNG、進捗

SEASON 4のDISC 2の途中まで。好印象なエピソードは次の通り。 戦士の休息(EPISODE 2)、クリンゴン文化のかっこよさ 永遠の絆(EPISODE 3)、データのお兄さん再登場 勇者の名の下に(EPISODE 7)、クリンゴン文化のかっこよさ再

スター・トレックは人間ドラマです

昨夜の予告(下の記事)通り、2話分もう一度観た。 同じエピソードを2回・2晩立て続けに観て面白いと感ずるのだから、この2エピソードはキチョーのツボに相当合っているのだろう。 亡霊戦艦エンタープライズ“C” アンドロイドのめざめ 新スター・トレック …

2話とも予想以上に面白い

昨夜の予想(予定?)通り、TNGの続きを観た。何でこんなに気合が入っているのかと思うほど、面白い。 詳細は明朝以降(気が向いたら)書くかも知れないが、明晩ももう1度(2話とも)観ると思う程度面白い。もう1度観た場合特に、自分の心には強く残るのでブロ…

人間よりちょっとだけ優れた異星人

TNG SEASON 3: PART 2のパッケージを開け、DISC 4*1の半分を観た。 このお皿の残り2エピソードは、面白そうなので明晩にとっておく。 DISC 3の後半2話とDISC 4の最初の1話が、3話連続で「人間よりちょっとだけ優れた異星人」が出て来るエピソード。 恐怖…

一日早く着荷したらしい

妻が調達したDVDを一緒に観た。こんなのが目の前に現れたら、妻は鼻血を出して倒れる。 [DVD]" title="トロと旅する THE MOVIE スペシャル・エディション [DVD]" class="asin">*1 *1:トロと旅する THE MOVIE

ピカード艦長の声が変わった

TNG SEASON 3のDISC 2を観終えた。 1枚目のディスクの3話目からピカード艦長の声が変わったのが違和感で、ちょっと気が散っていたのだが、そろそろ慣れてきた。 この後は、最後までこの声らしい。

TNG SEASON 2: PART 2「新たなる息吹」まで\観始めると止まらないなぁ

ゲームがひと段落ついた前後で、SEASON 2: PART 2から再開。 再開した最初のお話「戦慄の未来」はあまり好みではなかったけれど、その後の5話はどれも面白かった。 ん? そのうち4話は今晩見てる。ゲームがひと段落ついても寝不足は引き続く。

義妹が興味を持っていたもの

数日前に着荷したDSvisionを昨夜試した。 同梱されたうち1番短いソフトだった「ピカチュウの冬休み2000」を観賞した感触では、このクラスの機器で再生するコンテンツとしては画質も満足である。映像作品の感想としては、登場するどのポケモンもラブリーで楽…

データのお兄さん

TNGの4枚目のディスクの最初の収録話。 1回だけのゲストキャラだとすると勿体なさ過ぎる気がする。

TNG「宇宙空間の名探偵」

TOSでもそうだったかも知れないけれど、好きなエピソードは往々にしてSFらしくない。 このエピソードもそうかも。 突き放して考えると、TNGでは(ここまで観た範囲では)TOSのファンキーさをなぞっているだけで、チャレンジャーなお話と言う訳ではない。 あ…

好きになって来た

前回の記事から舌の根が乾いていないが「宇宙の果てから来た男」→「姿なき宇宙人」と2話続けて観てしまった。 ウェスリー君が少尉(代理)に任命されるくだりが前者で、後者はデータさんが大活躍(と言うかなんと言うか、探偵)。 いっそDSiの次の機種でDVD再生…

TNGを観始めたが…

先週頃からTNGを紐解き始め、今2枚目のDISCの最初のエピソード*1を観終えた。 目下のところ、予想(期待)に反して夢中にはなれていない状況。 TOSは最初のものだから文句なしに面白く、最新シリーズだったENTはシリーズが積み重ねた歴史(マニアックさ)と技術…

ソリア船登場

TOS シーズン3-DISC3まで観た。 1〜2話だけ観てそのあとはシレン3のつもりだったのに、結局土曜日中(…と言うか足掛け翌日まで)TOSデーだった格好になる。 このあたりは、昔毎日TVで観ていたところに間違いない。その少し後の頃には、ソリア船の「糸」を…

TOS シーズン3

昨日の後半くらいから、TOSのDVDの観賞を再開。 シレン3の休憩のつもりだった筈が、結局足掛け4枚観た結果となる。 シーズン2の束がソファの横に置きっ放しだったのがどこまで観たか定かでなかったので確認の意味でDISC5から始めたが、どうやらDISC7の映像…

キバの映画

観に行くのは1日早過ぎたかも知れない。 明日放送分のTVを見てからでないとクエスチョンマークのほうが先に来るところがある。 TVを後から見ても、意外と大丈夫なのは大丈夫だろうけれど。

ゼフラム・コックレーン登場

カーク(矢島正明)船長は「ゼフラム・コックレーン」と発音したが、最近読んだ書物では「ゼフラム・コクレーン」と表記してあった気がする。 まぁどちらでもいいだろうと言えばそうだけれど、ちょっとした発見の気分。 このエピソードは男女の概念は宇宙で普…

ゲキvsボウケン

えぇと、臨獣ヒポポタマス拳の使い手がとてもいい味を出していて面白い。 オープニングのテロップで確認し直したところ一応「バーカー」と言う名前になっていてそのものズバリではなかったけれど、メレが彼を呼ぶ時は長音記号の部分は殆ど発音してなかった。…

おジャ魔女の世界にはサンタが実在する

Vol.10まで見れば、後続のシリーズがあることを知らなければそこでちゃんとお話は終わっている。そう言えば…と言う程度に、バッドカードが1枚残っていたなぁと思い出すくらいか。 第46話でマジョリカがサンバを踊るくだりの辺りで「あぁシリーズの要素が揃…

映像特典がいい!

映像特典の出来がとても良い。この作品がDVD化された頃は、DVDを製造するほうもこの新しいメディアを使いこなさないと新しいもの好きのコアなファンをがっかりさせてしまう…とか、後の世のプロに笑われる…とかの気持ちを原動力にちゃんと凝ったことを…

4級合格おめでとう

後半の第34話〜第36話は、予告を見たら次が見たくなる症状で続けざまに観た。 おんぷちゃん登場は見所かも知れないけれど、それがなくても比較的良いエピソードが集まった巻だとおもう。 おジャ魔女どれみ Vol.7 [DVD]

何を見ても…

オヤジーデも登場し・バッドアイテム探しと言う「目的」がお話に混ざって来る。 観ているほうとしては、馬の竹細工*1を見ても・ぬいぐるみ*2を見ても、バッドカード入っているんじゃないかと思ってしまう。 本当は、下手な目的をストーリーに添えさせたりし…

おジャ魔女ぽっぷ登場まで

結構な勢いで見ている。 ジャケットの絵が、2巻から順にどれみ→はづき→あいこ→ぽっぷと来ていて、次巻は又集合の図*1。 そもそもジャケット見ているだけで楽しい。 第7話(2巻)、第15話(3巻)、第16話(同3巻)、辺りが好き。もちろん『おジャ魔女ぽっぷ』…